1月14日 爆釣ですよっ!/川崎

昨夜は 粉雪舞う中 頑張った俺だが 今日も釣りに行って来たよ~。
場所は川崎の某所なのだが ここの情報も店員さんによるものだが 昨日、横須賀で頑張っている中 そこではカレイが爆釣だったらしいのだ。すぐにでも現地へ向かいたいところだが 俺も家庭の事情ってもんがあり 子供を寝付かせなければ外出できないのだった。店員さんは そんなノロマな俺は置いていき他のお客と現地へ向かった。
俺はAM2時に起床 携帯には着信が・・・店員さんからだ。そう 爆釣情報はうそでは無く 次々に当たりがあるらしい・・・カレイですが。俺は今までカレイはお皿の上でしかお目にかかった事もなく この機会に会えるなら会おうと 愛車フォレスターをぶっとました。
3時には到着 店員さんは興奮気味で 早速釣果を見せてもらうと2時間程で10枚近くのカレイを釣っておりました。中には40cmくらいの大物もいたので興奮していたのでしょう。
その場所は歩道の横に高い防波堤がある海沿いの道なのだが その背よりも高い防波堤の向こうが海で 見えない海へと投入するのだ。まったく 投げ師のする事は面白い。
そんな場所なので ルアーは諦め 投げの仕掛けを準備して 合流する事とした。
店員さんの2人の連れに挨拶をし 日頃どんな釣りをしているのかくっちゃべっていると 店員さんが一言「あなたたち つりをしなさい」。ん?投げて待ってる間に話をしているのは 釣りをしていないのか?と疑問が沸いたが どうやら店員さんは 俺と同行して本命(店員さんの)が釣れなかったのが悔しいのか責任を感じているようだ。仕方ないので(笑)竿先に集中していると ビクン ビクンッ おっ 当たりではありませんか? 教えられた通り 暫く喰いを待ちゆっくりと合わせると 軽い。なんぢゃ?・・・ どうやら遊動天秤とやらは 多少糸ふけが出て ルアーとは違い当たりが判りにくいと言うか 少し巻き取った方が良いようだ。喰っていないと勘違いし 再び竿を置くと やはり生命反応がある。もう一度 糸ふけをとり 合わせを入れると おぉ 引きぢゃぁ 魚が引いておるのぢゃぁ。シーバスとは異なり 魚の走りは感じ取れず 生命反応を感じながら巻き取るって感じですな。上げてみると 人生お初のカレイが釣れましたわぁ。28cmくらいで家のナベに丁度良さそうなサイズが現れました。釣った本人より 店員さんの方が嬉しそうな顔をしてたっけ(笑) 
しかし 前は壁 見ているのは竿先のみ。風のいたずらで 当たりらしき動きを作り出す。その度に確認をするが勘違い。そして思う「こんな釣りも嫌いでは無い」と。釣りをしていると時間の過ぎるのを忘れるのはどの釣りも一緒で すぐに6時を過ぎ 辺りは明るくなってきた。
店員さんも だんだんと釣りモードも冷めてきたのか もう釣れない もう釣れないと 片付けに入り もう少し投げていたかったのだが 仕舞いとなった。結局は 一匹のみのカレイだったのだけど 楽しい時間であった。釣果は4人分合わせて20枚の爆釣?。カレイは普通3~5枚あがれば良い方だそうで こんなに釣れるのは何年に一度と聞かされた。そんな貴重な時期に糸を垂らせた事を幸運と思い 店員さんに感謝しよう。
その後は 一人は帰宅 3人で周辺を探索し家路に着いた。
c0008395_23283514.jpg
c0008395_23285611.jpg

[PR]

by tsurikichi_ma-bou | 2008-01-14 23:29 | 釣りしてきたで~ ルアー編